スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


また、UTAUKOE(歌う声)ボイストレーニングはリンクフリーです!
どんどんリンクをしてください!
相互リンクをご希望の方は相互リンクについてのページよりご連絡ください!

ランキング
スポンサー広告 / レビュー&コメント(-) / トラックバック(-)

聴き手に歌を上手く聴かせる方法①


聴き手に歌を上手く聴かせるにはいくつかの方法があります!
その中に、音程がしっかりしてブレない、ビブラートや裏声(ファルセット)がきれいに出せているなどの歌自体のテクニックの他に、抑揚をつけた感情表現というものがあります!

抑揚とは…

話すときの音声や文章などで、調子を上げたり下げたりすること。イントネーション。「―をつけて話す」「―のある文」(yahoo!辞書より)

①調子を上げたり下げたり、また、強めたり弱めたりする事。あげさげ。音楽の調子、文勢などにいう。イントネーション。「~をつけて話す」(広辞苑より)

という意味で、歌に関して言えば、盛り上がる部分(主にサビ)を盛り上げるために、他の部分(Aメロ、Bメロ等)を少し抑え目で歌うことを言います!

少し抑え目といっても、適当に歌うという事ではなく、リズムと音程をキープしながら、盛り上げる部分につなげるという気持ちで歌うという事です!

よく歌で「一本調子」という言葉を使います。
これは、曲の頭から最後までをよく聴かせようとしてしまうことで、曲のアップダウン(抑揚)が無い歌のことを言います!
逆に、盛り上げる部分(サビ)もそれ以外の部分(Aメロ、Bメロ等)と同じように歌っている場合も同様です!

盛り上げる部分を強調する事で、曲全体が締まり、聴き手にとって『上手い』と感じさせる要因になるのです!

もちろん、盛り上げる部分以外をボソボソと歌うという事ではありませんよ!

盛り上げる部分と、それ以外の部分のバランスを考えながら歌うという事です!

これは今すぐにでも実践できる事なので、意識してはいかがでしょうか?


また、UTAUKOE(歌う声)ボイストレーニングはリンクフリーです!
どんどんリンクをしてください!
相互リンクをご希望の方は相互リンクについてのページよりご連絡ください!

ランキング
上手く歌いたい / レビュー&コメント(8) / トラックバック(0)

キーワードから関連情報を表示

Loading

レビュー&コメント

お久しぶりです!→お久しぶりです!覚えていますかね?笑)
いつも、このブログとにらめっこしながら頑張らせて頂いております。

その中で、他の誰とも違う自分らしい声を上手く歌えるようになりたいと思うようになって練習方法を探していますが、なかなかいい方法がなくて困っています。
カセット、MD、と録音してみましたが自分ではその歌声がすごく嫌でたまりません。録音時に聞いている自分の声よりかなり下手です・・こんなにもギャップがあるなんて、恥ずかしいの一言です↓

こういうときは、ギャップは気にせず今まで通りに歌っているときに聞こえる声を頼って練習するべきなのか、
それとも、録音した声を自分の納得いく声にできるようにするのは、どちらを優先すべきなのでしょうか?


ちょっと読みにくい文になってしまいました。すみませんm(_ _)m

| 2006-12-06 | yusuke #mQop/nM. | URL

yusukeさん→もちろん覚えてますよw

録音した声と、実際自分が感じている声とのギャップという事ですよね!

始めは違和感があって、思ってたものと違うなぁ~と感じると思います!
しかし、録音したその音が聴き手が感じるyusukeさんの声なんですよ!
つまり、自分を客観的に見ているわけです!
客観的に見ることが出来れば、自分のいいところも悪いところもわかりますよね!!

いいところは伸ばす!悪いところは直す!
特に自分のクセだったり、ここを直したいと思う部分が見つかる事で、自分のウィークポイントが見えてきます!

録音を重ねて、トレーニングを続けていけば二つの声が重なります!
つまり、違和感がなくなるという事です!

声を変えるというよりは、いいポイント、悪いポイントを知るための手段として考えるといいと思います!

答えになっているでしょうか?

| 2006-12-06 | UTAUKOE #- | URL

→いつもいいアドバイスありがとうございます。
ほとんど全部納得いかないので、かなり根気の要る練習になりそうです。

ボーカリストの方も、こういうふうに自分の声が嫌だったりするんですかね?

| 2006-12-07 | yusuke #mQop/nM. | URL

yusukeさん→録音して、悪い部分を修正していくのはヴォイストレーニングの基本ですから、おそらく皆さん経験されていると思います!
嫌というよりは始めの違和感なので、慣れてくれば消えます!

修正するところがたくさん見つかったという事はそれだけ伸びしろがある証拠です!
根気よくトレーニングしてみてください!!

| 2006-12-07 | UTAUKOE #- | URL

→頑張りたいとおもいます!
また質問させて頂くと思うので、その時もまたお願いします。

| 2006-12-10 | yusuke #mQop/nM. | URL

こちらこそ♪→よろしくお願いします☆
次見に来てくれる時に、もっとお役に立てるよう頑張ります♪

| 2006-12-10 | UTAUKOE #- | URL

抑揚について→私はこないだまで
自分が音痴だと思っていたのですが、
妹に話を聞いてみると

「音は外れていないけど
抑揚が激しすぎて…」

といわれました。


ならばと思い
一本調子のつもりで歌ってみても
抑揚は取れていないみたいです。

自分では全く
意識もしていないので、
直し方が分かりません。

治るでしょうか? 涙

| 2007-08-30 | てる #cSBotvtQ | URL

→すいません;;前も質問したんですが、もう1回させてください><私はあがり症です。そのせいで人前に出ると自然に声が変わってしまいます。緊張して無くても変わってましいます。腹式呼吸が良いと聞いてためしてはみたんですが…どうしてもなおしたいんです。何か方法は無いでしょうか?

| 2008-06-30 | ねこ #- | URL

レビュー&コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://utaukoe.blog71.fc2.com/tb.php/50-88987a85


UTAUKOE(歌う声)ボイストレーニングについて

UTAUKOE(歌う声)ボイストレーニングでは、歌を上手に歌うための方法、音楽を楽しむ方法、ボイストレーニングのやり方などを紹介していきます!
「ボイストレーニング」と聞くと難しく感じてしまうと思いますが、このページでは、ボイストレーニングの基礎を中心に、皆さんに歌をもっと楽しんでもらえるようなサイト制作を心がけています。
サイト上でボイストレーニング方法を紹介させていただいていますが、皆さんと直接お会いしているわけではないので、詳しく細かい内容についてはかけない部分も多々あります。また、ボイストレーニングの方法も様々ですので、内容によってはご期待にそえないことや、言葉足らずな部分もあるかとは思いますが、参考として見ていただけると嬉しいです!

ボイストレーニング情報ページ取扱説明書

UTAUKOE(歌う声)ボイストレーニングでは、裏声(ファルセット)、ビブラート、腹式呼吸などの方法を中心としたボイストレーニングの方法を紹介しています。
これらの情報は、各カテゴリーに分類されていますので、UTAUKOE(歌う声)ボイストレーニングトップページ(目次)、もしくは下記カテゴリー一覧より、お探し下さい!

ボイストレーニング情報カテゴリー一覧

ボーカリストとしての知識 (14) 声質について (3) 発声について (20) 上手く歌いたい (4) トレーニング方法 (11) Q&Aに寄せられた質問 (4) 音楽雑学 (4) 音楽関連相互リンクサイト (3) ボイストレーニングアイテム (4) 管理人からのお知らせ (25) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。